【ガジェット萌えの写真集】分解するという芸術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

使って壊れたらすぐ捨てる。新しいカッコイイ製品がでたらすぐに買い替える。購買意欲が高いことは市場経済にとってすごくプラスなことです。
けれど、持続可能性や自然環境のことを考えると、真逆のことをしているのも事実です。

 

 

今回は分解した製品を写真におさめた Todd Mclellan氏の「 Things Come Apart 」が興味深いので紹介します。

 

子供の頃に好奇心でおもちゃや機械を分解したことがあるという人は意外と多いかもしれません。

 

普段使っている製品のひとつひとつ部品の機能やカタチを公開することで、製品についてもっと好奇心や愛情をもってほしいというのが狙いのようです。

 

 

消火器

 

 extinguisher01_mini

 

 

extinguisher02_mini

 

自転車

bicycle01_mini

 

 

bicycle02_mini

 

 

カメラ

 

camera01_mini

 

 

camera02_mini

 

 

最近は家電製品で、エアコンなど自動で機械自身のお掃除しますとか、メンテナンスフリーの製品が増えているような気がします。

わたしは自転車やカメラなどよくいじるんですが、機械類は絶対に自分でメンテナンスさせてほしいです。

 

自転車は乗りながら空気圧が弱いか、サドルがよい高さか、駆動部分のグリースが足りないかなど、確認して手入れします。

カメラも使っているとシャッター音やズームリングの硬さなどわかるものです。そうやって使用しながら感じながら手入れすることが楽しみの一部であって、長持ちする精密で手入れがいのあるものをどんどんつくってほしいと思ってます。

 

目覚ましアラーム

 

alarm01

 

 

alarm02

 

 

パソコン

 

pc01_mini

 

 

pc02_mini

 

 

黒電話

 

phone01_mini

 

 

 phone02_mini

 

 

タイプライター

 

typewriter01_mini

 

 

typewriter02_mini

 

電動のこぎり

 

saw01_mini

 

 

saw02_mini

 

http://www.toddmclellan.com/

Be the first to like.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事の更新情報をチェックする

RSSリーダーで購読する

  • follow us in feedly

コメントを残す

サブコンテンツ
ホーム > デザイン > 【ガジェット萌えの写真集】分解するという芸術